RSS

レクリント技術と歴史

レクリント

北欧から生まれた明かりの名品、
レ・クリント

レクリントならではの暖かい光とやさしい影。その秘密は、1枚の特殊プラスティックペーパーを手で折りあげる、ハンドクラフトならではの美しいフォルム。長く厳しい冬を過ごす北欧の生活の中で磨かれてきた技です。

創業当時から続くハンドワークならではの美しい光と影は心を潤す明かりの芸術品として、そして美しいフォルムはクオリティー・オブ・ライフを追及する北欧デザインの代表作として、世界中を魅了し続けています。

レクリント

始まりは、クリント家のプライベートな手づくりでした。

レクリントの歴史は20世紀の初めにさかのぼります。デンマークの著名な建築家P.V.イエンセン・クリントは紙を規則的に折りあげて作る手工芸のランプシェードを生みだしました。レクリントの誕生です。それから数年。クリント家の趣味の手づくりとして生まれたこのシェードは、美しいデザインだけでなく、機能的にも優れた明かりの名品として世に知られ、1940年代にレ・クリント社が創立したのです。

そして現在、デンマーク王室のご用達に選定されるなど世界中で愛されるベストセラーとなっても、クリント家の伝統は守られています。優れたデザインと機能を手仕事で創り出すこと・・・レ・クリント家の精神と歴史は、1世紀を経て今も受け継がれています。

レクリント